乳幼児の家庭での教育とは

      2017/12/04

「2020年のセンター試験改革に向けての準備」

のニュースがちらほら聞かれます。

娘の高校も、テストのサンプル高校として参加したようです。

参加者は、○○で選抜されたとか・・・・

当日、朝補修から、6限授業+テスト

本当にお疲れ様でした。

現役高校生の現役ママ

子育てアナリストの桐谷真弓です。

乳幼児の国語力UPには、○○がおすすめです。

 

 

子育てサロンでママ達のお悩みを伺っていると、

「子どもに字を書かせたい」「子供が字を書きたがる」「鏡文字を書いてしまう」

「文字」に関するお悩みがたくさん出てきました。

 

ズバリ解答

字を書くには、字が読めないと書けません!

当たり前ですが、

英語のアルファベットを始めて書いた時を思い出してください。

なんとなく、読めたから、書けただけです。(笑)

 

まず、文字を読ませること

ひと文字ずつではなく、単語で読ませること

なぜなら、「あ」「い」・・・などと単音では使わないからです。

たくさん、たくさんの単語をインプットしてください。

今はインストールかしら?(笑)

そのあとは、短文です。

ママがしつこく、声に出して読んであげましょう。

しばらくすると、お子さんが読んでくれます。

 

「ママ、とまれって書いてあるよ~」って

時には、ドキッとしたり イラッとしたりしますが・・・(笑)

 

その時、私が気を付けていたことは、

「ひらがな」「カタカナ」「漢字」区別なく読んでいました。

乳幼児の世界にことばの区別は、存在しませんから ♡

 

乳幼児の学習は○○が大切

 

私は、

乳幼児の学びはすべて生活の中にある

と思っています。

手にふれるもの・耳に聞こえる音・口にするもの・食べるもの・・・・・

五感をフルに使って、学ぶものだと思っています。

 

 

起きている時間が、学びの時間です。

寝ている時間(睡眠)は、記憶を整理する大切な時間です。

ほんの少しだけ、○○○の手を止めて

お子さんの目線で学びを考えてみませんか?

 

子どもが、自分の意志で自分から、

お勉強してくれる時が、キット 早く訪れますよ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 子育ての考え方, 育児 , , , ,