我が家が中学受験を選択しなかった理由は、○○

   

高校受験・大学受験を通して、子どもの自立・親の子離れを応援したい。

子育てアナリストの桐谷真弓です。

 

周りの空気がそろそろ変わって来たようで、

受験のご相談が増えてきました。

秋ですね~、真夏の(;´・ω・)ダラダラの時は、脳が一時停止していたからかな。

やっと、脳の機能が動き出したようです。

こんな質問をお受けすることが多いです。

 

 

中学受験をどう思いますか?

どうって?????

した方がいいですか?しない方がいいですか?

どちらでもどうぞ、とお答えすると

当然!ムッとされます。(笑)

 

我が家が、中学受験を選択しなかった理由

 

1)受験費用などの負担が大きいから、

2)合格しても、6年間の私立の学費を払い続けて行けるか?

3)中・高校生生活が快適に過ごせても、その後の大学の費用の準備ができるか?

4)県立高校(修猷館高校)が第1志望校だったから

5)魅力を感じる私立学校がなかったから

6)中学・高校の多感な時期は自宅にいて欲しいと思っていたから。

細かい理由はまだまだありますが、主な理由はこんなところです。

 

やっぱりお金か~

やっぱりお金です。

私は、大学進学のための、私立中学・高校受験なので、

大学進学費用を削るのは、チョット違うような気がします。

打ち出の小槌をお持ちの方は、いくらでもチャレンジしてください。♡

 

手をかける時とお金がかかるときは、違います。

 

子育ての「手がかかる」と「教育費」は反比例します。

エネルギーの総量は一定です。

 

 

子どもが幼ければ、幼いほど手がかかります。(当然ですね!)

子どもの成長と共にその手は、だんだん必要ではなくなります。

幼い時期にしっかり手をかけておけば、少しは後に余裕ができる

と思うのは私だけでしょうか?

 

例えば、

数字に興味をむけさせること、苦手を感じる前に好きにさせること

➡下ごしらえをしておけば、自分で勝手に学んでくれます。

親は、下ごしらえに専念すればいいだけです。

 

~学びの下ごしらえ~

ママが我が子にすることです。

「笑顔」で子どもに教えられれば何をやってもOKです。

子どもと一緒に、歌って踊ってやりましょう。誰も見ていません(笑)

 

我が家はここに重点を置きました。

 

 

実際に、本当に高額費用が発生するのはいつですか?

福岡(地方です=田舎)に住むものとしては、やっぱり大学は都会に行って欲しいなぁ~

学費以上に、生活費・家賃が大きな負担です。

その日のために、「貯金あるのみ」を選択したので、中学受験はしませんでした。

 

お金をかけようと思えばいくらでも・・・・

チャンスがあれば、海外留学もトライして欲しい。

大学生活をエンジョイして欲しい。

但し、バイトばかりで、学業に支障をきたすのは、本末転倒!

奨学金は最後の切り札だと考えていました。

 

blogを読み返して思うこと

私の記事ってお金のことばかり・・・

でも、大事です。

安心して勉強させるためには、勉学に専念させるには、

お金は必要なものだと思っています。

 

子どもの仕事=学力貯金

親の仕事=コストパフォーマンスを考えること

それとこれとは違います。

 

中学受験を選択しなかったからと言って、

○○しなかったわけではありません・・・続きは次回に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 中学生, 受験に関すること, 学費 , , ,