年寄りの「暇のある時、いつでもいいから○○」を鵜吞みにしてはいけない

   

子供のことばかりでなく、親のことも気になるお年頃

子育てアナリストの桐谷真弓です。

 

病院に通院するのも、元気がないと大変です。

 

 

「メロン、甘くて美味しかったよ~、ありがとう~」と母に電話をすると

母が、「背中が痛くて病院に行きたい」と

友達に、いい病院を教えてもらったから、その病院までのいく方法を検索してくれとのこと

いつでもいいから・・・

あなたが暇な時でいいから・・・

 

この「いつでもいいから」がくせ者

私の経験上、年寄りの「いつでもいい」を言葉通りに解釈してはいけない!

忙しいからと、いつまでも放置しておくと・・・・何もしてくれないに 変質 します。

経験者は語る。 (笑)

 

私が「今日は、暇だからいいよ」というと「じゃあ、今から行くわ~」と

元気な返事????

30分もしないうちに、ピンポーン! はやっ

パソコンの前でいろいろ検索

しかし、何科を受診していいのか? わからない

結局、病院の受付に電話して、症状説明して・・・

 

お返事は

「一度、受診してください。背中が痛いのであれば、整形外科ですね・・・」

「・・・・」

 

 

「いいわ~、今日は時間があるから、その○○さんお勧めの病院まで

車で連れっててあげます。」

住所をカーナビとスマホに入れて・・・

 

車で行くこと1時間・・・福岡市から春日市へ・・・

新幹線の線路沿いを上がったり、下がったり 初めて通る道ばかり・・・めちゃくちゃ不安

 

大きなバイパス沿いに 病院の看板 を見つけて、私が、一言

 

「お母さん、ここまで来るあいだに、病気が増えるよ」

「バスと電車乗り継ぎだよ!」「交通費かかるよ、大丈夫?」

「今、行っている病院と同じだよねー」「○○リハビリテーションってかいてあるし・・・」

 

母も 「ここまで、通院するのは無理だ!と、やっと、納得したようです。(笑)

 

友達が言うには、「迎えのバスが家の近くまで来るし、スタッフは、みんな親切で優しい・・・」

➡その人の家は、春日市・・・巡回バスが来る

➡リハビリテーション病院のスタッフは、みんな若くて孫世代、

当然 スタッフ全員 年寄りには優しい・・・(笑)

 

「お母さん、春日市に、引っ越したら、通院したらいいよ♡」

 

結局、「ごはん食べて帰ろう~」

病院の前のショッピングモールでUターン (笑)

 

ランチタイムの話題はもちろん○○

 

 

 

母娘と言えども、話題はガールズトーク

お父さんが○○、子供たちが○○➡もう、いいおばさん、おじさんの年齢ですが、・・・

お友達が○○、病院の先生が○○・・・

出るは出るは、もう2時間経過・・・

 

お母さん溜まってね ~(笑)

 

父と口論になるのは、「○○は健康に良くないから・・・」だそうです。

 

母がいくら言っても、○○をやめない、自分で買ってくるらしい・・・

 

私「自分で買ってくるなら、手がかからなくていいじゃない」

「家(うち)なんか、買ってきて♡」ってなるよ~

 

もう80才過ぎたら、好きなもの 好きなだけ、

食べさせたらいいよ~♡

 

時期に、食べたか?食べてないか?わからなくなるし

お父さんは、最後まで残る欲は「食欲」だよねぇ (笑)

 

母との次回のランチ、同じ話を、聞くことになりそうです。(笑)

 

 

母も年をとりました、私も一緒に年をとりました。

 

 

こんな母だったかな~

と思いながら、年が寄ったら(年寄りになったら・・)こんなものだよねぇ♡

 

西鉄バスのフリーパスの 年会費 をしっかり取り戻しているくらい

毎日「お出かけ」

歩くのは、私より早い 超~健脚の持ち主です。

母の母=私の祖母は 104歳の大往生

今から、老々介護が心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 介護, 自然療法 ,