子供の適正ってなに? 誰か教えてください!

      2019/12/17

普通の受験生の親

後がないとひとり思い込んでいる、桐谷真弓です。

みんな一緒ですよね~、心がざわつく毎日です。

 

我が子にとって、本当に必要なことは・・・暗中模索

 

 

 

子供に合った大学とは?

子供に合った子育てとは?

益々,迷走しています。

 

子育て時間をより快適に、より楽しく過ごすために、

いろいろ手を出し、脚を出してきた私

その中でも・・・今は・・・

 

「東洋の算命学」と「西洋のホメオパシー」

 

算命学に出会ったのは、2017年1月 もうすぐ丸3年

2020年夏には、卒業の見込み

ホメオパシーの魅力にはまって、もう何年なのか分からないくらい・・・

ホメオパシーの学びも、2020年には卒業の見込み

 

若いときに、今の学習意欲があったならば・・・と後悔しております(笑)

 

それぞれの学び、たくさんの人生経験の中でこの二つが残ったのか?

「二兎を追う者は一兎をも得ず」なのか・・・

この件は、得意の「結論 先送り」にしておきます。

 

共通項は、自分の人生を豊にするものである

ってことかなぁ~

 

学び始めたばかりのころは、家族で実験ならぬ、人物観測

毎日同じ生活をしている家族でさえ、こうも性格・行動傾向が違うのか?

この問に対して、一つの答えを見つけたような気がしていました。

 

二つとも、学問的に

「人の本質とは? 本人が求めるものとは?」

を探っていくもだから!

 

私は母として、成長できたのか?

 

 

心が揺れやすい自分だからこそ、より冷静に。

すべてのバランスが不安定な自分だからこそ、より客観的になるために

学んできたのに、何をしてきたのか?

自分が歯がゆくて、歯がゆくて仕方がない!

不安と後悔と怒りと傲慢さがふつふつと湧いてくる。

 

あの時○○していれば、あの時○○しなければ!

考えても仕方のない 「タラれば ばかりが」がやってくる。

 

私の心を占有しているのは、やっぱり、次女

後がない、がっけっぷち受験生の娘です。

 

後悔先に立たず、分かったつもりの母でした。

 

 

2000年生まれ、世間では、ミレニアムベビー 新人類・・・と言われていましたが!

内心 そんなに違いがあるはずがないと高を括っておりました。(笑)

その予想はもろくも粉々になったな~

とにかく、私の想定外の新しい品種でした。

今までの子育て理論が適応しない!

 

そんな娘の2019年は、バイオリズム的に表すと・・

「修行の1年 一人で葛藤することが自分を成長させる年」

その流れの上に、

天真爛漫、食べること楽しいこと大好きなのんびり屋さんがサーフィンしてる。

 

それを見守る私の2019年は、

「愛情深く、母としての役割を果たす1年」

愛情が深くなりすぎ、かまってちゃんを助長して、

自立・自律を妨げてしまった。

 

本当の愛情とは、甘やかすことではなかった。

娘の個性を伸ばし、才能を育てているつもり・・

 

娘の気持ちに寄り添っているつもりが、中途半端だった

只々、娘の言いなりになっていたのではないか!

優しいママ・物わかりの良いママになることで、

娘の関心を得ようとしていた 欺瞞ではないのか?

 

今更気づいても仕方がない、

申し訳なかった。

厳しく諭すことができなくて、ごめんねとしか言えない。

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - ISD個性心理学, ピタゴラス数秘術, 子育ての考え方, 心の問題, 自然療法 , , , ,