ママの笑顔が受験勉強の支えになります。受験結果を左右します。

      2018/01/11

大学センター試験まで後○日

来年のことを考えると、落ち着かない

子育てアナリストの桐谷真弓です。

受験生の親のためのメンタル講座

 

 

受験生の親のためのメンタル講座もいよいよ大詰めです。

 

大学受験を控えた、女の子のママ(本人の了解のもと掲載させていただきました。)

 

次女(中2生)からこんなことを言われました。と 開口一番♡

「ママ、この頃 楽しそう♡」

 

ご本人は 「????? 何言っているのか、わかりません!」の気持ちだったとか。

 

受験生がいて、仕事もフルタイム、土日は部活の付き添い。 時にはお母様の介護・・・

忙しいは、拍車がかかるばかり と伺っていました。

内心 受験を乗り切って欲しいと願いながらも、大丈夫かな~と心配していた私には、

心からホットした、何気ないお嬢さんの一言でした。

 

泣いても笑っても後数日!だったら、笑顔で過ごしませんか?

 

受験までのカウントダウンの音が大きくなってくると、どこのご家庭でも

家族の小競り合いが起こりやすくなります。

特に、夫婦喧嘩はご法度です。(笑)

 

その時期に、ママが笑顔でいるなんて、どんなに素敵なことだと思いませんか?

 

受験生本人は、学校でも、塾でも、仲良しグループの中でさえも

「とげとげ」「イライラ」「ピーン」に囲まれています。

 

せめて、「お帰り」「はい!おやつ」「なにか、食べる?」は、普通に言ってあげられるといいな~

張り詰めた、引っ張りすぎたパンツのゴムは切れてしまいます。(笑)

 

「その笑顔が結果を左右します!」は言い過ぎかしら・・・

 

ママの余裕が家族にじんわりと伝わります♡

 

お話を伺っていくと、大学受験後のシュミレーションもばっちり、さすがです。

ママは大学の入学式に向けて準備中です。

 

話題はいつしか、妹さんの高校受験になりました。

高校受験はお姉さんで経験済みのはずですが、悩みは尽きません。

 

女子にとっては、生理は一生?の相棒です。仲良くして損はありません

 

 

今回のご相談内容 №1

 

「女の子の生理」

「男子は、生理の心配がなくていいですね。」

「ピルは使いますか?」

「次女は、生理中はフラフラして、頭が働かないそうです」

 

 

私は、娘も自分も「ピル」を使ったことがないので、「わかりません♡」とお答えしました。

 

娘たちの話によると、(また聞きですが・・・)

お友達によっては、試験・受験の時に生理が重なりそうな時に「ピル」を使う人がいるとか・・・

だた、その時はいいけど 次の生理が何もできないくらいひどくなるとか・・・

 

 

女の子、女子にとっては「生理」は一生おつきあいするものです。

なので、私は、娘たちに「生理は自然なもの」「来ないと困るでしょ?」

時々、生理が遅れている次女に「赤ちゃんできた?」と言うと、冷たい視線が返ってきます。

 

「気合で、乗り切りなさい!」「気合いだ~!」 (笑)

 

と言いながら、

私が使っている自然療法・フラワーエッセンス(WOMEN ESSENCE)・精油のご紹介はさせていただきました。

 

「高校受験までは、まだ時間がありますので、実験のつもりでいろいろ試してみませんか?」とお話させていただきました。

 

健康でないと、頑張れって言えません!

 

あなたは、「ぐったり」している子供に「頑張れ!」と言えますか?

「病院通いが日常茶飯事の子供に、頑張って勉強しなさい」と言えますか?

私は、言えません。

 

なので子供が小さい頃から、体作り・体力作りを大切にしてきました。

子供に、「しっかり勉強をさせたい!」とお考えならば、

 

幼児期の規則正しい生活、早寝早起きは必須条件です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - ブッシュフラワーエッセンス, 健康のこと, 受験に関すること, 子育ての考え方, 自然療法 , , , ,