親子喧嘩は犬も食わない!思春期・反抗期の子供はめんどくさい生き物です。

   

悪天候の中、今年のセンター試験も終わり、来年の娘の時はどうなるのか?と

今から心配している、桐谷真弓です。

今どきの高校生、ストレス発散は、○○

 

 

今日は、部活がお休みで、いつもよりも早く帰ってくるはずの娘・・・・

お勉強が進むための、おやつは何がいいかな?などと考えていると、

 

娘からLINE

「1時間だけ、カラオケ行ってから直帰します」

ムカッとしたので、「り」とだけ返信してやりました。

 

もともと、直帰の使い方が違うような?

真っすぐ帰るから直帰だろうに!

 

しばらくして、少々興奮気味にご帰宅。

「1時間では足りんわ~、2時間ぐらいがベストかな~」

ガラガラ声を風邪か?と心配したが、

「高音を出しすぎたから、しばらくすると大丈夫・・・」だと、ため息だけしか出ません。

 

長男・長女のころは、ここまで高校生が気軽にカラオケに行かなかったような~気がしています。

「今日は、半額セールで○○円だった♡」さすがわが娘!変なところで感心しながら、・・・

今どきは、友達と二人で行って、一人カラオケだって!

 

親子バトルのネタは尽きない

 

 

なかなか、お勉強が始まる気配がしない!

「いい加減に部屋に行って、朝補修の予習でもしたら~」

スマホから目を離さずに、「う~ん」と生ぬる~い返事

「早く行きなさい」「夕飯まで、勉強したら!」・・・・

 

「今日、95点だった♡」

「えっ♡・・・物理?化学?もしかして、○○・・・♡」

「違う!カラオケの点数♡」

「は~、」力が抜けてツッコミもできない、ノウテンキな娘にあきれるばかり

 

テストの結果を聞こうとすると、逆切れ気味に

「クラス平均は、○○だからまだいいほうだ!」とのたまう

挙句の果てには、問題が悪いと言い出す始末!

文句、言い訳、悪口雑言 ・・・親の顔が見てやりたい!(笑)

 

 

「平均点はどうでもいい!」「あなたは、どうだったのか?」の言葉は、

火に油を注ぐのは明らか。

グッと飲み込み、夕飯の準備を始めました。

 

頭に来たので、デザートなし・・・結局、勝手に冷蔵庫を開けて食べてましたが (笑)

 

一番の親の関心事は○○

 

 

私の関心事は、朝何時に出て、何時に帰るのか?

弁当は要るのか?

今度の土曜日と日曜日の予定は?

 

私が、何度も同じことを聞いているらしく

娘は、ブチ切れ!

「何回も同じことを聞くな!」「もともと、人の話をちゃんと聞いてない!」

「話を聞く気がないよね・・・・」どこかで聞いたような台詞で説教されました。(笑)

 

あとどれくらい親子バトルが続くのだろうか?

私の体力・気が持つのか?不安です。

 

この「言い訳」「○○が悪い」「人のせい」が減ったら減った分だけ、

必ず成績がUPする

 

と思う辛抱の毎日です。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 受験に関すること, 子育ての考え方, 心の問題 , , ,