部活が終わったそのあとは、次の戦いが始まります。

   

 

受験生のいるご家庭に、有意義な時間の使い方をアドバイスすることが大好きな

子育てアナリストの桐谷真弓です。

 

 

準備は順調ですか?

 

 

もうそろそろ、部活の最後の試合が終わり、あちらこちらで、引退の声が聞こえてきます。

親子で熱中した、部活動の生活!完全燃焼できましたか?

 

部活が終わった勢いのまま、来年の春まで、駆け抜けましょう!

小休止、ホット一息する 暇はありません。

もう夏期講習の申し込みは、終わりましたか?

 

志望校は○○高校

 

 

(特に中3生のママに向けて!)

公立高校を目標に、学力受験をするご家庭に向けての発信です。

 

スポーツ推薦、有名私立高校を進学目標になさっている方は、専門家にお任せします。

ママが、家庭でできること、親子で真剣に受験を考える ときには、参考にしてください。

 

高校受験生のママとして、受験経験3回、打率10割、

(我が家の場合)3人とも、第一志望の高校に合格しました。

肩の荷が下りました。(笑)

 

この夏が勝負です。

 

通知表が3→4、4→5になるチャンス

何をしなくても 9/1 新学期はやってきます。

アイス・ゲーム・プール …. 来年やって下さい♡

簡単なことです。受験生だから、チョット我慢です。

 

 

私が中3生におススメする方法は?

 

成績UPの事例を公開します。

一般的には、現状把握→目標の確認→課題の選別 の順番ですが。

 

 

私の方法は一ひねり

「去年の公立高校の入試問題」をまず解かせてみる

当然 解答できるものも、できないものもあります。

何を目的にするか?

ショック療法です。

 

部活動を最後までやり通したお子さんにはより効果的です。筋肉のあるお子さん向き

 

受験当日まで、時間がありません!

 

なぜか?区大会・市大会・県大会 え~九州大会まで、勝ち進んだ!

おめでとうございます。

しかし、他のお子さんはもうすでに受験勉強を始めていますよ♡

 

今まで、オール5のお子さんは、大丈夫でしょうが、

ややお勉強、やや受験に対して免疫のないご家庭は、このくらいのショック療法は必要だと思います。

 

欲しいものは、○○

 

 

春に結果、自分の 納得できる結果 が欲しいですか?

成果・結果が出るかは、正直この100日間頑張れるか?です。

 

なぜ210日(7か月)ではなくて、100日(3か月)でしょう?

 

それは2学期の成績が 通知表 に記載されるからです。

 

内申書の最後のチャンス だからです。

 

中3生の2学期はとても重要です。

通知表が3→4、4→5になるチャンスを無駄にしてはいけません。

 

夏休み期間の40日 ぎゅーっ と圧力をかけましょう。

大丈夫、素人のママがいくら張り切っても、理想の半分も圧力をかけられません。

また、イマドキの子ども上手にガス抜きします。(部活で頑張った子は特に!)

 

ママのヒステリーは必要ありません!

ヒステリーは逆効果です。ただでさえ暑いのに!ご遠慮くださいね♡

 

学習効果が出やすい科目は○○と○○

 

 

効果を実感しやすい、点数をUPしやすい科目について、具体的な方法を公開します。

それは、数学と英語です。

この2教科は高校でもとても重要です。

 

受験テクニックとは、別の次元で考えてもしっかり身につけましょう。

時間はかかりますが、時間をかければかけた分だけ、効果があります。

 

だから、今、 やるべきです。

だから、今、一日も早く始めましょう。

 

数学の点数UPは本人の自信につながります。やる気がアップ します。

そのつもりで、親がしっかり監督しましょう。

今やらないと、あとがありません!

 

 数学

 

数学での取り組み

過去1年分の定期テストの問題・答案用紙と教科書・ワーク・ノートのチェック

ママがお子さんと一緒に眺めましょう。何も言わなくてOK お口チャックです。

「沈黙は金」

くれぐれもヒステリーはNGです。

 

定期テストの問題・答案用紙が見つからない!なんてないですよね~

 

本人が見直してどのような感想を言うか聞いてみましょう。

「やり直しは、やりましたか?」

「今、この問題を解いて、100点ですか?」

当然100点ですよね!

内容は、中2ですよね~

お子さんの実力がわかりましたか?

 

「わかっていたのに!」とか、「ウッカリ ミスだ」とか言い訳する子

「平均点・・・」が口癖のお子さんは要注意です。

わかっていません。

わかっていないこと、理解できていないことを本人に 自覚していただきましょう。

 

喜んでください! 3➡4、4➡5の可能性が見えてきました。

 

このようなご相談をお受けします。「うちの子は、根気がなくて、すぐやめてしまします。」

 

「根気がない」のではなくて、「わからない」のではないでしょうか?

「問題がわかる・理解できる」「問題が解ける」ならば、「やめてしまう」ことは、ありません。

あなたのお子さんはいかがですか?

 

 

英語

 

中2の教科書をスラスラ読めますか?もちろん英文ですよ。(笑)

 

初めに、単語のスペル、単語のテストをさせてみましょう。

 

ワークでもよし、ママが教科書から抜粋してもよし、費用をかけず、愛情をかけてください。ものの10分です。

 

 

お子さんは、よくできますか?それともいまいちですか?

英語は、とにかく、単語・短文に暗記ができいなければお話しになりません!

 

頭がいいとか、悪いとかの問題ではありません、手を動かして書いていたかです。

 

結局 書いた回数・書いた時間が足りないだけです。

 

しっかり、わが子を冷静に、クールに観察しましょう。

 

わが子の学習内容のチェックがママの夏の課題です。

 

高校生になったら、無理です。

手を打てるのは、中学生まです。

少なくとも私には、高校数学・高校英語は????です。(笑)

 

私は、子どもに勉強を教えることが好きなのではなく、成績UPの誘導方法を知っているだけです。

何が今の問題なのか?を一緒に考え、あなたのご家庭それぞれに合った

ママ用の「受験サポートプラン」を個別にご提案することできます。

 

 

まだまだ言いたい、夏期講習の攻略法

○○についても言いたい~(笑)

聞きたい方は、個人的にご連絡ください。

お待ちしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 勉強, 受験に関すること, 学費, 課外学習(お稽古事など) , ,