子育てのターニングポイントを誤らないためにできること

      2017/08/14

もうすぐ1年で一番長いお休みです。ご家庭それぞれの目標に向かって有意義に過ごしましょう。

 

子育てアナリストの桐谷 真弓です。

 

今日は7月22日に開催予定の夏休み特別企画「夏休みを有意義に過ごすための特別講座」について、私の想いをお話しさせてくださいね

 

今までは、子供の夏休みまえになると毎日のお昼ごはんへの「憂鬱な気分」とどんな独自プログラムを実行するか?という「ワクワク気分」の両方を楽しんでいました。

 

さて、いまは?

 

 

体当たり子育ての卒業

 

 

次女が高校生となってしまった今は、私独自プログラムの活躍の場は、塾の先生との面談だけになりました。

 

我が子へのかかわり具合を調節していただくために、塾の先生のやる気スイッチを「コッソリ」押すことが密かな楽しみです。

 

子どもの年齢が上がるにつれ、子どものやる気スイッチを直接押すことはだんだんと難しくなってきます。

 

そのような状況の時は・・・・必殺「婉曲技法」を使います。

 

子どものやる気スイッチを押せるのは、自分だけ(=親だけ)だと思っていませんか?

 

子どものやる気スイッチを押さなければいけないのは自分だけ(=親だけ)だと思っていませんか?

 

体当たりの子育ては、いつか卒業の時期が来ます。

 

「さびしい?」ですか?

「とんでもない!」親も年齢を重ねます。

エネルギー不足は知恵とテクニックで補いましょう。

体当たりばかりだと、いつかは 破壊➡崩壊 です。

 

子育てをしていると、子どもの大切な時期、将来へのターニングポイントが必ず訪れます。

幼稚園・小学校入学の時は、親が主導権を握り、親が頑張るのが普通です。

 

しかし、中学生以降頑張るのは、親子二人三脚です。

いえいえ、三人四脚以上です。家族中を巻き込みます。

 

その時、ママが家族の心のバランスを調整できるといいですね。

 

 

家族と自分の心のバランスを整える方法

 

 

 

家族の心のバランスを調節できると、子供自身が勉強や自分の課題に集中できるようになります。

結果はおのずとついてきます。

 

ただし、皮肉な時期に大切なターニングポイントがやってきます。

ただでさえ、子どもは不安定な思春期、親は不安定な更年期、 親のおもいの90%は子供には届きません。

 

私自身の経験から言って、何もないことは、絶対にありません!

 

バトルは普通のことです。安心♡してください どこの家庭でもあります。

 

ママは、子供と替わってあげることはできません

 

ママの仕事は「子供自身が、余計なことに気を取られずに集中すること」をサポートすることです。

 

「心のバランスを調整する」方法はたくさんありますが、私がよく使って、効果の実感があるものは、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスです。

 

使い方は家庭の事情・お子さんによってそれぞれに違います。

 

その効果を一度試してみませんか?

 

癖になります。

私は癖になりました。

 

日々の子育て、心のバランス調整の必須アイテムとして、家族で愛用しています。

 

子育ての先輩として、「子育てキャリア」は数十年、「受験生の親の体験」は複数回

経験済み、体験済みの子育てメソッドを携えての講座になります。

「私なりの答え」が皆様の子育ての参考になれば幸いです。

 

この夏休み特別企画「夏休みを有意義に過ごすための特別講座」の詳細・お申し込みはこちらから

 

 

**********************

当Family Smileでは、私、子育てアナリストの桐谷真弓が、オーストラリアのフラワーエッセンスを使って個別セッションで育児・受験などのご相談をお受けしています。

メニュー詳細は、こちらから。

お問い合わせはこちらから。

ご予約は、予約カレンダーよりお願いいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 中学生, 先生との付き合い, 勉強 , , , , , ,