○○校に行かせたい

      2017/07/02

ママの悩みを明確化して、問題解決のお手伝いが得意な子育てアナリストの桐谷真弓です。

今日は、告白です。

 

○○校に行かせたい!

 

どうしても、何が何でもわが子を行かせたい学校がありますか?

 

私にはありました。・・・・お星様の学校 です。

 

受験には、子ども自身の努力が必要なことは、当然ですが、親の思いも影響すると思います。

 

私は、変わっているので、生まれた時から お星様学校 へ向けての受験プログラムをスタートしました。

 

 

合格への最短コースは

 

 

まずはじめに、どんな子が合格しているか? リサーチです

福岡県の県立高校の受験は、当日の(国語・数学・英語・理科・社会)5教科のペーパーテストの点数と内申書と呼ばれる中学校が提出した調査書を元に行われます。

 

テストと内申書の合計点数が高い順に合格となります。当たり前ですが・・・

 

全てはまず、敵を知ること からはじまります。

私の自分勝手な思考回路は、高校受験➡中学生の生活・成績➡小学生の生活・成績➡幼稚園児の生活➡幼児期の生活習慣

と遡って行きました。

 

極端な思考ですが、幼児期の生活習慣の根っこの先にお星様の学校が来ると思って疑いもしませんでした。(笑)

 

内申書対策とテスト対策はどちらも大切です。

内申書対策の方から先に始めました。

そのあとから、テスト対策です。・・・・それも幼稚園の時代から(笑)

 

これを書きながら、我ながら 「マニアックだな~」と思っています。

それだけ、お星様の学校に対する思いが強かった。

「思いが重かった」とも言います。

 

子供とっては迷惑な話ですが、無事に、3人の子ども達は、お星様の学校の生徒に成れました。

制服も着れたし、家族で館歌の合唱もできます。

 

長男には、入学後「オール5でなくてもよかったじゃぁん!」と言われました。

でも、オール5のほうが安心です。

 

長かったプログラムも昨年で終了しました。

 

私は、十分に満足しています。

 

これからは、子ども本人の問題です。

親はサブとして余計な口を挟まないように注意していきたいです。

 

お子さんを お星様の学校 に入学させたい方 募集中です。

まずは、受験できる学区が決まっていますので、お引越しからご検討ください(笑)

 

 

子どもの務め・親の務めとは?

 

受験には準備期間と親のサポートが必要です。

日頃何も努力しなくていい天才ならばまだしも、普通の子どもは努力が必要です。

 

夢・希望が目標になった時、努力できる子供 に育てておくことが、親の務め だと私は思っています。

 

 

2017.7.5.@福岡

2017.7.15.@福岡(追加開催)

「ブッシュフラワーエッセンス体験講座」

とてもお得な内容です。

少人数での開催ですので、お早めにこちらよりお申込みください。

お待ちしています。

**********************

当Family Smileでは、私、子育てアナリストの桐谷真弓が、オーストラリアのフラワーエッセンスを使って個別セッションで育児・受験などのご相談をお受けしています。

メニュー詳細は、こちらから。

お問い合わせはこちらから。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 勉強, 受験に関すること