子育ては○○の連続です。

   

高校受験・大学受験を通して、子どもの自立・親の子離れを応援したい。

子育てアナリストの桐谷真弓です。

まず、することは○○です。

 

 

子育てのご相談をお受けした時に、まず伺うことは、

「転勤はありますか?」

「転勤のサイクルと範囲はどれくらいですか?」

「大学進学を目的にしていますか?」

「中学受験を意識していますか?」

・・・・

 

私の子育てのスタートは、異国の地「東京 新宿区」でした。(笑)

福岡から出たことのない私にとっては、関門海峡の向こう側(海の向こう側)は海外でした。

 

自分の普通が、地域の普通とは違うことにビックリの毎日

例えば、ゴミ出し・・・福岡は、夜収集が当たり前

東京は、朝収集が当たり前

収集日の夜に集積場所にごみ袋を持って、「おかしいな~、一つも出ていない!」

と独り悩んでいたこともあります。

 

それくらい、自分の普通と他の人・地域の普通が違いました。(笑)

 

家庭での子育ての考え方は様々です。

 

子育ての基準は?

「パパ、ママの考え方」です。

お隣のおばさんではありません!

主役は、あなたです。

 

 

 

たくましい子どもに育ってほしい

➡たくましい子どもになるように育てましょう。

優しい子どもに育ってほしい

➡優しい子どもに育てましょう。

お勉強のできる子に育ってほしい

➡お勉強のできる子に育てましょう。

 

どのパターンがあなたの考え方にしっくり合いますか?

 

その子育ての考え方ならば、必要な事は○○ですね。

 

 

必要な事は、親としてしっかり「考えること」だと思います。

 

子どもは、ただ、可愛いだけの存在ではありません。

可能性の塊です。

そして、思う通りに育ってくれないのが我が子です。

 

わがままな我が子を持て余すたびに、「親の顔をみてやりたい!」と思います。(笑)

 

子育てを○○で考えてみませんか?

 

子育ては、親の思いだけで考えていると

「思い」が「重い」になります。

子どもにとっては、ただのプレッシャーです。

 

感情ではなく、○○で考えてみませんか?

あなたなら○○に何を入れますか?

 

私は、数字を入れて考えました。

時間とお金の数字です。

私にとっては、とても大切なものです。

 

子育ての考え方に「自分なりの軸」

「よりどころ」があると、人の視線や

温かいお言葉に惑わされることが少なくなって

(全部なくなることはありません)

気持ちを楽に、日々の子育てが楽しめるようになりますよ♡

 

一度、立ち止まって、ゆっくり考えてみませんか?

 

子育て相談会のお知らせ

 

 

子育ての自分軸を見つけにきませんか?

毎日、普通にあること

見過ごしてしまう日常にあるものが 子育て です。

チョット視線を変えるだけで、うれしい変化があるものも、子育て です。

 

日 時:9月27日 10:00~12:00

場 所:六本松

参加費:1000円

(お子さんの対象年齢は、小学生5年生まで)

お申込みはここから

 

お待ちしております。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 子育ての考え方, 学費, 心の問題, 育児 , ,