親の思いは届いていますか?

   

 

受験というツールを使って、親子関係を考えるチャンスにしていただきたいと考えている

子育てアナリストの桐谷真弓です。

 

頑張っているパパ・ママへ

 

 

 

ご自分の頑張り、頑張っているエネルギーをしっかりと子どもに伝えていますか?

しっかり伝わっていますか?

 

こんな立ち話。

 

希望の高校に進学したのに、今は部活ばかり

(何処かで聞いたような?)子ども本人との 会話が成立 しない。

どこも同じだな~

 

「勉強しないの?」「勉強しなさい!」とにかく壊れた○○みたいになっています。とのこと♡

 

自然に、子どもの成績と進路の話が満開・全開!

「文系?理系?どちらに決めましたか?」

「数学嫌いで、文系よ」って「数学の勉強の必要性がわからない!」って言われたって

 

「学部決めるのは、お互い難しいよね」

「ホントに、なのを考えているのか。。。。」

 

エネルギー何個分?

 

塾の説明会に行かれたそうです。

塾の月謝は痛い、高校は○○無償が減るので、本当に痛い

 

ママ友曰く、「塾の一コマはこれ1個と同じくらいの値段」

「パパに、子どもにこれ1個分×○○の月謝かかるけど、いいかな?」って打診したそうです。

 

 

子どもは、どれくらいの お金 が自分の学費にかかっているのか!わかっているのかな?

「わかっている?」「わかっていない?」・・・・

 

販売価格と利益の考えできているかな?

 

やっぱり○○感覚は大切です。

 

 

子どもには、学費・塾の月謝の 重み を理解してほしいものです。

 

お金の有難みが理解できれば、

塾をサボるとか!

塾の宿題を無視するとか!

塾の授業中にボーっとお客さんするとか!

 

ありえません。

 

しっかり、余計にお金を払った分だけ、それ以上に 元を取ってきて 欲しいです。

「元を取る」という言葉は食べ放題ブッフェの時だけ登場するものではないと思いますよ(笑)

 

 

学費の回収は、必要ないですか?

 

お勉強のサポート(科目の解らないところを解るようにしてもらうこと)親ができればいいですが、できないので、プロにお任せする➡費用が発生します。

 

その費用の回収に向けてのサポートは、誰がしますか?

 

「え~、回収ってなに?考えたことがありません!」

回収は親がするものです。(実際は、お子さんですが)

 

私は、学費の回収 とは、

子どもが塾に通うことによって、成績がUPする。

志望校への合格の可能性がUPする。こと

と定義しています。

 

 

せっかくお支払いしたのだから、何かの成果 は欲しいと思いませんか?

私は、絶対に欲しいです。欲張りなので♡

 

高い学費、余計な費用負担 をして、(パパやママが何時間も働いて)

得られた成果が、

夜のコンビニ寄り道の習慣・夜更かしの結果の授業中の居眠り・体調不良・インフルエンザ・・・・

ありえない!許せますか?

私は許せません

 

 

そんな費用は、お支払いいたしません!(ドクターXの米倉涼子風に、ハッキリと)

 

労働の対価

 

~ネットから引用~

福岡県最低賃金は平成28年10月1日から1時間765円に改定されます。

最低賃金は正社員のみでなく、パートタイマー・アルバイト・派遣労働者等すべての労働者に適用されます。

 

塾の月謝○○円はパート勤務時間○○分

たぶん、これがわかっていないのは、親の方(おやのほう) かな? (親方みたい・・・)(笑)

なぜでしょう?すべては、自動振り替え、給料の支払いも、全て自動

塾の月謝の自動引き落とし・・・通帳の記帳をしなければ、すべて架空取引みたいです。

お金がかかっているという実感がないからだと思います。私のクレジット決済みたい・・(笑)

お前が言うなと家族の突っ込みが聞こえます。

 

一度立ち止まって、計算してみることをおススメします。

 

キット、ぬる~い子どもの態度に【イラッ】とすること請け合いです。(笑)

 

こぼれ話

 

長女と銀座の○○クロに行ったとき、【アルバイト募集中 時給 2000円~】 の張り紙が目に入りました。

「え~さすが、銀座だよね~、私がここで働きたい!」って娘に言ったら

「ママ、何か国語話せる?」

「・・・・・」

「こういうところのアルバイトは、語学ができて当たり前、ママみたいなおばちゃんは無理!」

「・・・博多弁では?」の会話を思い出します。

 

今にして思います、しっかり勉強しておけば、アルバイトの時給も違ったのにって♡

 

「お金の話は大切です」って、私は思います。

 

プチお知らせ

 

 

ご家庭それぞれに合わせ

お子さんの個性・親の個性を大切に

よりストレスを低減した親子関係づくりのお手伝い

家庭での子育て、これからの心の健康を 自然療法 を使って、

サポート&アドバイスする個別プログラムの企画を準備中です。

2017.9 スタート予定

数名モニター募集中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 子育ての考え方, 学費, 課外学習(お稽古事など) , , ,