子どもに合った塾とは

      2017/06/30

子育てにお悩み中のママの薬箱

子育てアナリストの桐谷真弓です。

 

子どもが3人もいると、いろいろなご質問を受けることがあります。

 

 

どこがいい塾をご存知ありませんか?

 

 

 

「どこかいい塾ご存知ありませんか?」とお声掛け頂くことが多々あります。

「話せば長くなりますが、お時間いいですか?」と申し上げると、「また今度お願いします。・・」

段々と距離が開き、離れて行かれます。

皆さんお忙しい様子です。

 

塾はどこがいいですか?

どこの塾もいいですよ!

 

その子のニーズに合っていれば・・・・

 

私なりに塾を分けてみました。

 

<受験用>

目標となる中学・高校・大学に合格するために行くもの。

受験校に対する受験情報を得ることできるところ。

合格に向けてきめ細かいサポートが受けられるところ。

 

<通常用>

日常の学習のサポートを受けるところ。

個人の学習タイプによって、予習型・復習型がある。

通常用➡受験用と学年が進級するにつれて、ミックスしていく塾が多い

 

~個別授業~

子ども1人ないしは2人について、指導者が1人ついて学習を指導するタイプ。

子どもの学習内容に応じた指導を受けられる。テキストは子供それぞれ違うことがある。

指導者は大学生のことが多く、子どももお兄さん・お姉さんに勉強を見てもらっている感覚

 

~集団授業~

複数の子どもに対し指導者が1人、学習内容はテキストが同じ一斉授業タイプ。

指導者は常勤・非常勤様々である。

学校の授業に不安がある場合は、塾のレベルの選択に注意が必要である。

 

 

塾に行く目的は何ですか?

 

受験のためなのか?日常の学習の補助なのか?

お子さんの学習レベルと目的によっていい塾=その子に合った塾 はそれぞれ違います。

 

まさしく十人十色、十人十塾 です。

 

小学生が塾に行く場合、他のお稽古事とのバランスが必要になってきます。

 

曜日の兼ね合いによっては、今まで練習してきたプールやピアノやお習字・・・を続けることが難しくなることも。

 

小学生の塾は、送り迎えのことも忘れずに 考えたい ですね。

 

中学生をお持ちの家庭に個人的に 警告 です。

 

塾に通う時間帯は、当然放課後になります➡ 夜間です。

特にやんちゃな男子は、(時々女子も)塾の帰りにコンビニで道草を食わないように注意しましょう。

 

 

予防策は?

 

 

毎日、ママ・パパが迎えに行く➡実現が難しい・・・・

ならば!お友達のいない塾に行かせるのもひとつです。

子どもがかわいそうですか?

いえいえ、子どもはすぐにお友達を作ります。

    心配無用!

 

お友達がすぐできないのは、大人だけです。

 

お友達に誘われたから、○○ちゃんが行っているから、という理由で塾を選択しないでください。

 

自分の子どもに合っているのか、一度立ち止まって 考えましょう。

 

お子さんのタイプに合わせて選択をすることをおススメします。

 

塾は、今より成績が良くなるために、お勉強をするために行くのです

 

親は、高い費用 を負担することになります。

 

せっかくお金を出すのに、危険な目に合ったり、寝不足で学校の授業がおろそかになったりしたら、本末転倒 です。

 

しっかり考えて選択しましょう。

 

我が家の場合

塾は3人それぞれ別の塾でした。

 

親の好みで選択しました。

 

誰がお金を出しますか? 親です。

 

だから、親の好み・親の都合で 決めていいのです。

 

自分のお子さんのための決断です。怖がらないでくださいね。

 

ご自分のお子さんのタイプがわからなくなったら、1度子育てアナリストの桐谷真弓をお試しください。

「なるほど!」と腑に落ちること請け合いです。

 

 

2017.7.5.@福岡

「ブッシュフラワーエッセンス体験講座」

とてもお得な内容です。

少人数での開催ですので、お早めにこちらよりお申込みください。

お待ちしています。
**********************

当Family Smileでは、私、子育てアナリストの桐谷真弓が、オーストラリアのフラワーエッセンスを使って個別セッションで育児・受験などのご相談をお受けしています。

メニュー詳細は、こちらから。

お問い合わせはこちらから。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 中学生, 先生との付き合い, 勉強, 受験に関すること